電気代が節約になるのは大きなメリットですが、初期費用が高いのがデメリットです。しかし長い目で見るなら太陽光発電は投資と考えることが出来ます。

HOME<太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットとデメリット

何でもそうですが、メリットとデメリットというものがあります。
長所が短所を補う時それは価値があるものとなります。
しかし、短所が足を引っ張る場合があります。
今、太陽光発電市場が活況を帯びています。
国の後押しもあるのでしょう。
しかし、ソーラーパネルを設置する前にメリットとデメリットを正しく理解しておくのは大切な事です。
では考えられる問題について挙げてみたいと思います。
最初に言えるのは初期費用が高いという点です。
メーカーによって違いますが、大きな買い物になると思います。
電気代の節約になりますし、電力会社が電気の買取りをしてくれますが、元を取るのにだいぶ時間がかかります。
家が新築かどうかでも変わってくると思います。
すでに築10年、20年経っている様であれば、将来屋根に不具合が出る場合があります。
その時にソーラーパネルが載っていると大変です。
屋根の種類と築年数は設置の前によく考えておくべきです。
買取り価格が将来的に安くなっていくことも考えられます。
ですから、元を回収するのに時間が延びる可能性もあります。
しかし、メリットもたくさんあります。
まずエネルギーの源である太陽は無くなりませんので、大きなメリットだと言えます。
しかも、有害物質を出しませんのでエコロジーだと言えます。
節電が叫ばれるときも心配せずにすみますし、電気代の節約になります。
今なら補助金も出ます。
電気代が安くなるのでオール電化にするのも一つの手です。
ソーラー発電とオール電化で相乗効果が得られます。
しかし、IHになってしまいますので中華鍋は使えなくなってしまいます。
一部作れない料理が出るかもしれません。
チャーハンが好きな人は物足りなく思えるかもしれません。
あと、鍋などもIH対応のものに買い替える必要が出てきます。
土鍋も使えません。
カセットコンロが必要でしょう。
確かにメリットとデメリットがあることがわかります。
ですからそれらを比較検討してメリットだと思えば購入することが出来ると思います。
しかし、各家庭の家の立地条件は違いますし、屋根の面積も違います。
日当たりも違うでしょう。
ですから、複数のメーカーに見積もりをしっかりとって、比較検討することを忘れないようにしたいと思います。
保証年数やメンテナンスの費用もしっかり把握しておきましょう。
いずれにせよ、誰かに勧められるから購入するのではなく自分でしっかり理解してから購入しましょう。

Copyright (C)2018 太陽光発電、導入しました☆ All Rights Reserved.